日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年03月11日 お知らせ

アデン湾護衛要請/事前登録に日本関係船舶など2,595隻

アデン湾護衛要請/事前登録に日本関係船舶など2,595隻
ソマリア沖アデン湾での海上自衛隊による民間船舶護衛活動に向け、国土交通省海事局海賊対策連絡調整室が行っている護衛希望船舶の事前登録について11日時点の集計概要が明らかになった。92事業者から2,595隻についての登録要請があり、日本商船隊については大部分が登録要請されたものとみられる。登録は同室がオペレーター、船舶管理会社、荷主企業などに向け求めているもので、海自に護衛要望船舶の情報を伝える際の事務作業円滑化が目的。11日時点で日本関係船舶2,242隻、日本籍船約100隻についての登録要請を受け付けた。邦人荷主関連の積み荷を運ぶ場合に護衛の対象になるとみられる外国オペレーター運航の船舶は353隻。同室では「未登録でもスポット用船などで同海域に回す場合があれば、適宜連絡を受けたい」としている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP