日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

出版物
「尖閣問題の現状と展望」ご購入フォーム

尖閣問題の現状と展望 ~元海上保安庁現場トップが語る尖閣問題のすべて~ 
著者 向田 昌幸

尖閣問題の現状と展望 ~元海上保安庁現場トップが語る尖閣問題のすべて~ 著者 向田 昌幸

¥792(税込)

日本固有の領土である尖閣諸島に対し、中国は領有権を主張し、国際社会では到底受け入れない強引な手法で領海侵入を繰り返しています。 現場においては、昼夜を分かたず海上保安庁の巡視船による領海警備が実施されていますが、この問題は、海上保安庁だけの問題ではありません。
このたび、尖閣問題の全貌を明らかにした「尖閣問題の現状と展望」(著者元海上保安庁警備救難監向田昌幸氏)を出版します。
内容は以下のとおりですが、すべての国民に是非読んでいただいきたい内容となっていますのでご購読いただきますようお願いします。
発行は9月21日を予定しています。予約販売のご案内です。

本の内容目次

  • 巧妙に“爪”を隠した、したたかな中国海警法
  • 手詰まり状態の日本
  • 尖閣問題の発端と中国の増長を許した元凶
  • 尖閣を巡る今後のわが国の対応

本の体裁

新書版、192ページ
価格 本体価格 720円 税込み 792円

販売元

株式会社 IMOS 東京都港区虎ノ門1-16-2 岩尾ビル2階

推薦の言葉

元警備救難監の向田昌幸氏が上梓された「尖閣問題の現状と展望」。先ずは中国「海警法」を理解する格好の解説書です。そして、本書は、中国が「海警法」により何を狙っているのか。尖閣問題の発端から、日米安保との関連、国際法及び国内法の問題。尖閣問題への我が国の対応等の分析がなされ、海上警察学や地政学としても優れた書物と言えます。
是非本書をお薦めしたいと思います。

(元海上保安大学校教授 広瀬 肇)

尖閣問題は、台湾と中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めて以来、事態打開の糸口すら見えないまますでに半世紀を過ぎた。東シナ海の遥か南西端に浮かぶ小さな無人島を巡る問題だけに、多くの国民にとっては別世界のことに思えるかもしれない。しかし、今や中国は、同諸島を〝わが物〟にすべく、公然と「罠」を仕掛けてきている。
本書は、著者がその卓越した情報収集、分析力をもって、尖閣問題に関する歴史的経緯、国際法と国内法、日米安保との関連などの幅広い観点から、辛辣批評と思われる箇所もあるが、これまでの反省点を指摘し、今後の対応のあり方を提言した力作である。一人でも多くの方々に一読をお薦めしたい。

(元海上保安庁警備救難監 石橋 幹夫)

「尖閣問題の現状と展望」ご購入フォーム

以下の内容で間違いがなければ、「送信する」ボタンを押してください。

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。(※は必須項目です)

購入希望部数
ご担当者名
フリガナ
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お電話番号
FAX番号
ご住所 - 自動入力 郵便番号検索
※[自動入力]をクリックしていただくと、住所が自動入力されます。
 
都道府県

 
市区町村・番地

 
ビル・マンション名・部屋番号
会社名
フリガナ
部署名
備考欄



お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP