日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年09月14日 お知らせ

アメリカ上院/港湾のセキュリティー強化法案、全会一致で承認

アメリカ上院/港湾のセキュリティー強化法案、全会一致で承認
米上院は港湾セキュリティー強化法案を全会一致で承認。核兵器や通常爆発物と放射性物質を組み合わせた「ダーティー・ボム」の侵入を水際で防ぐことが目的で、港湾での検査体制を厳格化する。米国はすでにエックス線によるコンテナ検査を導入しているが、予算の関係で施設が限られているため検査率は「全体の1割以下」(米港湾関係者)。国内で高まる保安要請に応えるため、2007-11年の4年間で港湾保安対策費に4億ドルを投じ、体制を強化予定。同法案「ポート・セキュリティー・インプルーブメント・アクト・オブ2006」は下院案と調整を行い、今月末にも詳細が確定する。対象の輸入コンテナは1,100万個。すべてを対象に検査を義務づけるが、迅速な検査が可能な「グリーンレーン」の設置も同時に盛り込む。検査人員の増員なども行う予定だが、スケジュールは未確定。米国は、同法案を施行する前に輸出業者に周知を図るとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP