日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年03月04日 お知らせ

アルゼンチン沿岸警備隊/同国EEZ内で中国の不法漁船に対し発砲

アルゼンチン沿岸警備隊は、同国EEZで違法操業を行った中国漁船に対し追跡を実施した状況の動画をインターネットに公開した。
同国EEZを約1マイル侵犯して操業する中国漁船に対し、アルゼンチン巡視船が接近したところ中国漁船は逃走を図り、
巡視船に故意に衝突しようとするなど危険な行為をしたことから、巡視船は警告射撃を実施したものの、中国漁船は公海上に逃走している。
当該海域はイカの好漁場であるためEEZの境界ギリギリに多くの遠洋漁船が操業している。
このため、同沿岸警備隊はEEZ内への侵犯操業に対する警戒を強化しており、漁船との緊張状態が度々発生している。
2月には中国漁船に対する警告射撃を行い外交問題になったほか、2016年には射撃を受けた中国漁船が沈没するなどしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP