日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2010年12月13日 お知らせ

イエメン沖で日本企業のタンカー襲撃 外国人2船員けが

イエメン沖で日本企業のタンカー襲撃 外国人2船員けが
国土交通省に入った連絡によると、イエメン沖のアデン湾で13日午後2時20分(日本時間同8時20分)ごろ、大東通商(本社・東京)が運航するケミカルタンカー、オリエンタルローズ(パナマ船籍、8,259トン)が武装小型船の攻撃を受けた。外国人の乗組員2人が軽傷を負ったが、乗っ取られることはなかった。アデン湾で日本関係の船舶が襲撃を受けたのは今年2件目。国交省によると、オリエンタルローズの乗組員はフィリピン人19人と韓国人2人。他の商船2隻とともに中国軍の艦船の護衛を受けて航行中、小型船から銃やロケットランチャーで攻撃を受けたという。この際、船橋の窓が割れて飛び散り、2人が負傷した模様。オリエンタルローズは石油化学製品を積み、オランダ・ロッテルダムからインド・ カンドラに向かっているとのこと。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP