日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年11月03日 お知らせ

イエメン沖の海賊未遂事件は自爆テロ攻撃だった可能性

イエメン沖の海賊未遂事件は自爆テロ攻撃だった可能性
10月25日にバブ・エル・マンデブ海峡で発生したLNGタンカーに対する海賊事件は小火器を使用した未遂事件と発表されていたが、その後の海上保安専門家の分析によればタンカーに接近したボートは、タンカーから20m離れた場所で爆薬が起爆したため、攻撃が失敗したが、LNG船に重大な損傷を与えるのに十分な爆薬を搭載していたことが判明した。したがって、本事件は単なる海賊事件ではなく、確信的な自爆犯によるテロ攻撃の可能性が強まっている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP