日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2020年01月03日 お知らせ

イラン革命防衛隊司令官殺害、米「大統領の指示」

イラクの首都バグダッドで、アメリカ軍による空爆でイランの革命防衛隊の司令官が死亡。
アメリカ国防総省は、「大統領の指示」で殺害したと発表。イランの反発は確実で、両国の緊張が一気に高まりそう。
イラクの国営メディアによると、3日、首都バグダッドの国際空港の近くを走行していた車列に対し、アメリカ軍が空爆を実施。
車列には、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ」のソレイマニ司令官らが乗車、革命防衛隊はイランの国営メディアを通じて、「アメリカ軍の空爆によってソレイマニ司令官が殉職した」と公表した。
また、車両にはイランの支援を受けるイラクのイスラム教シーア派民兵組織の幹部も乗っており、この幹部も死亡。民兵組織の報道官は、「2人の死亡はアメリカとイスラエルに責任がある」と強く非難。
この空爆後、アメリカ国防総省はソレイマニ司令官の殺害を認める声明を出し、攻撃はトランプ大統領の指示で行われ、「海外のアメリカ人を保護するための防衛的な行動」だと説明。国防総省はソレイマニ司令官について、「イラクや地域全体でアメリカの外交官と兵士への攻撃計画を積極的に展開し、今週行われたバグダッドのアメリカ大使館への襲撃も承認した」などと非難し、殺害の正当性を強調。しかし、イランの強い反発は確実で、両国の緊張が一気に高まりそう。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP