日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年12月04日 お知らせ

イラン/米のイラン産原油禁輸に対抗してホルムズ海峡の閉鎖を示唆

イランのロウハニ大統領が、米国がイラン産原油の輸出を妨害する動きに出ればホルムズ海峡を封鎖する可能性を示唆。
ロウハニ大統領は今年7月の声明でも、ホルムズ海峡封鎖の可能性に言及している。
米国のイラン担当特別代表によれば、米国の制裁によりイランの原油輸出量は制裁前の1日当たり240万バレルから既に100万バレルまで減少しており、
今後さらに減少するとの見通しを示している。
同特別代表は、イラン産原油の大口輸入国であるアジアの米同盟国に一時的にイラン産原油の輸入を認めている状況について、
トランプ政権は究極的にはイラン産原油を世界の市場から完全に締め出すことを望んでいると付け加えている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP