日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年10月08日 お知らせ

インド洋ハイリスク海域を12月から縮小

インド洋ハイリスク海域を12月から縮小
ベスト・マネージメント・プラクティス(BMP)4改正により、12月1日からインド洋のハイリスク海域が縮小される。これに関して国際海運団体と石油会社国際海事評議会(OCIMF)のラウンドテーブルは、今回の縮小理由を海賊襲撃数の減少とした上で「深刻な脅威は依然存在し、正しい報告と注意が不可欠である」としている。縮小に関しては、EUNAVFOR、合同海上部隊(Combined Maritime Forces)、北大西洋条約機構(NATO)、さらに「ソマリア沖海賊対策に関するコンタクト・グループ」を通して各国政府が助言を行い、海運業界の意見が考慮された。一方、英国海運貿易オペレーション(UKMTO)の任意報告海域(Voluntary Reporting Area)に変更はない。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP