日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年11月01日 お知らせ

コンゴ/同日に2件の海賊事件が発生

10月29日にコンゴのポワントノワール沖100マイルで、パナマ籍補給タンカーが武装した海賊に乗っ取られたが、同じ日にこの海賊グループはオフショア補給船から乗員4人(インドネシア人3名、ウクライナ人1名)を拉致し、乗っ取った補給タンカーに連れ去っていたことが判明した。
補給タンカーはLPGタンカーへの船舶間補給作業中に襲撃を受け、当初の情報では難を逃れたとされていた。
乗員を拉致されたオフショア補給船は11月1日時点でポワントノワールに停泊しており、難を逃れた11名の船員のうちインドネシア人9名は希望により帰国する見込みである。
インドネシア当局はオフショア補給船の所有者と協力して、拉致された船員の解放にむけ海賊と交渉している。
今回の事件発生場所は海賊頻発海域であるニジェール川デルタ沖から数百マイル南方であるが、ここ数か月間に複数の武装強盗事件が報告されている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP