日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年10月04日 お知らせ

サイバー攻撃の増加によりサイバー保険の契約数も増加

サイバー攻撃の増加によりサイバー保険の契約数も増加
デンマーク最大の保険会社のTryg社によれば、会社の保有する情報やITシステムに対するサイバー攻撃が急増しているため、向こう5年以内に企業の9割はサイバー保険を購入することになると語った。同社は、今年からサイバー攻撃に遭った際の情報やITシステムの回復のためのサイバー保険を売り出したところ、既に5,000件の成約があった。特に、本年5月に身代金ソフト”Wanancry”によって全世界で30万台以上のコンピューターが感染する被害が出てからは、保険の売り上げが急増している。火災保険や交通事故の保険と違って、サイバー攻撃がどのくらいの頻度でどの程度の被害を及ぼすかという過去の情報がないため、サイバー攻撃が保険業界の予測を超えたときは、保険会社が大きな損失を被ることもありうる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP