日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年12月05日 お知らせ

サバ州沖でタグボートが襲撃されるも撃退に成功

現地報道によれば、12月5日夕方、マレーシアのサバ州沖で武装した4人の海賊が高速
ボートで航行中のタグボートに接近、
銃撃ののちタグボートに侵入したが、タグボート乗員が信号弾約10発を海賊に発射し
て応戦し、海賊を撃退した模様。
この襲撃により、タグボートの船長が左太ももに銃弾を受け負傷している。この海賊
の詳細については不明であるが、
この海域ではテロ組織アブ・サヤフに関係するグループによるハイジャックや誘拐が
多く発生している。
本件の捜査の過程で、現地警察はエンジンが掛ったまま無人で漂流している漁船を別
途発見したが、この漁船の乗員が誘拐されたかどうかは明らかでない。
また同日、アブ・サヤフは9月にサバ州沖で誘拐したインドネシア人漁民1名を解放し
た。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP