日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2005年10月15日 お知らせ

シージャック防止条約、テロ行為を対象に追加、公海上で臨検可能にIMO外交会議で改正議定書を採択

シージャック防止条約、テロ行為を対象に追加、公海上で臨検可能にIMO外交会議で改正議定書を採択
国際海事機関(IMO)の外交会議で、「海洋航行の安全に対する不法な行為の防止に関する条約」(SUA条約、シージャック防止条約)を改正する2005年議定書が採択。署名開放は4カ月後の2月14日から1年間。12カ国が批准の意思を示してから90日後に発効する。日本は2007年の通常国会における上程を目指す。SUA条約はシージャックを抑圧するため、船舶の奪取、破壊などの海洋航行の安全に対する不法行為の容疑者が、刑事手続きを逃れることのないよう、これらの行為が引き渡し対象の犯罪となること、裁判権の設定を義務付けることなどを定めたもので、15カ国が締結。日本では1998年に発効。2001年の米国同時多発テロ事件を受けて、2002年から米国が中心となって、SUA条約上の“不法な行為”にテロ行為を含ませるべく検討されてきた。今年4月の第90回法律委員会(LEG90)で改正案が取りまとめられ、今回、97カ国が参加した本会議で改正議定書が採択。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP