日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年10月03日 お知らせ

ステナバルク、英籍タンカー解放。ハネルCEO「無事を確認」

7月からイランに拿捕(だほ)されていたスウェーデン船社ステナバルク運航の英国籍タンカー「ステナ・インぺロ」が9月下旬に解放された模様。
同社のエリック・ハネルCEO(最高経営責任者)はホームページで、「拘束されていた乗組員全員と会い、彼らの無事を確認した」との声明を発表し、解放に尽力した関係者に謝意を表した。
「ステナ・インぺロ」はイランから解放された後、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ入港した。
「ステナ・インぺロ」は、英領ジブラルタル政府がイラン産原油積載のタンカー「グレース1(当時、現船名は『アドリアン・ダリヤ』)」を拘束したことへの報復として、イランにより7月中旬から捕らえられていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP