日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年10月04日 お知らせ

スペイン政府/漁船への船舶動静把握システム搭載に資金援助

スペイン政府/漁船への船舶動静把握システム搭載に資金援助
スペイン農漁業食料省が、スペイン漁船へ船舶動静把握システム用機器を搭載するため財政支援を提供することで、同国の漁業者連盟(FNCP)と漁業連合 (CEPESCA)とそれぞれ合意。支援額は480万ユーロ(約4.8億円)。内、390万ユーロ(約3.9億円)が電子データ送信・記録機器(DEA)に、90万ユーロ(約9,200万円)が衛星での動静把握のための機器、通称ブルーボックスに当てられる。船主に支払われる金額は11隻につき、DEAには最高2,100ユーロ(約21万円)、ブルーボックスには最高3,000ユーロ(約30万円)

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP