日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年10月11日 お知らせ

スリランカ/陸上武器庫の完全閉鎖通告。洋上移転で混乱も

スリランカ/陸上武器庫の完全閉鎖通告。洋上移転で混乱も
民間海上警備会社(PMSC)の情報筋によると、PMSCへの陸上武器庫の供用取りやめを表明していたスリランカ政府が、PMSC各社に対し近日中の完全立ち退きを通告。同国当局では代替措置として政府委託で運営する洋上武器庫へ銃器を移し、新たな拠点として利用するよう促しているが、洋上武器庫の利用契約も11日(日本時間)時点では一部のPMSCが締約しているだけとの情報もあるなど、新体制でのオペレーションが安定稼働するまでには日数を要することになりそう。同筋によると、スリランカ当局はPMSCに供用していた同国ガレの海軍基地内の武器庫について、15日までに全ての銃器・弾薬などを持ち出すようPMSC各社に通告。15日を過ぎても残されているものについては当局が押収すると警告している模様。同筋では「洋上武器庫への引っ越し作業を急ぎつつ、受託済みのオペレーションについては対応できるよう手配した。ただ、洋上武器庫利用の契約などが滞れば、追加の依頼を受けられないことになりかねない」と当局の急な対応に困惑を示す。洋上武器庫を使用する場合、代理店の手数料が倍増する都合で1回の乗船・下船ごとに4,000ドルずつの追加コストが生じる。一般的には追加コストは船主へ転嫁される契約形態がとられている模様

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP