日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年02月18日 お知らせ

スールー海とセレベス海における海上違法行為に関する報告書

東南アジア地域全体における海賊及び武装強盗の件数は低下している一方で、スールー海・セレベス海には治安上の懸念が残されていることを踏まえ、米国のOne Earth Future財団が報告書をまとめている。
本報告書では、海洋統治の強化のためには、沿岸地域の貧弱な社会福祉や根深い地下経済、人身売買、
暴力的政治組織による沿岸及び沖合のソフトターゲットへの攻撃など複合的かつ相互関連性のある問題への対応策を策定する必要があるなど、
スールー海・セレベス海における海上治安と海洋管理との関連性が全体論的な視点で分析されている。
本報告書は、これらの問題がどのように相互に関係しているか、また、これらのうち一部の分野が悪化あるいは好転した場合に、一見関係のなさそうな海上治安上の脅威にどのような因果関係をもたらすかを示している。
このような分析により、持続可能な海上治安という究極の目的に向けた政府内、政府間の協力強化の促進を図ることが可能となり、
その結果、貧弱な治安環境を食い物としてきた犯罪ネットワークや暴力的政治組織の弱体化につながるとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP