日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年05月05日 お知らせ

セレベス海における沿岸3ヶ国の治安協力

セレベス海における沿岸3ヶ国の治安協力
インドネシア、マレーシア、フィリピンはアブサヤフによるインドネシア人、マレーシア人を含む多くの国の船員誘拐事件を受けて海上保安に関する共同宣言を直ちに発表。セレベス海は国連海洋法第9部に規定する半閉鎖海として、またその位置と潜在的な資源により沿岸国や使用国にとって戦略的に極めて重要である。3ヶ国はベストプラクティスに学び、調整された共同海上巡視活動の利点を生かして安定した制度を共同で作るべきであるとし、このためには作戦の目的と範囲、指揮命令系統、緊急追跡手順、法的訴追、取り締まり職員の治外法権などの重要な点がきちんと標準作戦手順(Standard Operating Procedures: SOP)の中に規定されるべきであるとした。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP