日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年04月08日 お知らせ

ソマリア沖/マースク運航船襲撃

ソマリア沖/マースク運航船襲撃
マースクによると、ソマリア沖で、米国人20人乗り組みのコンテナ船「マースク・アラバマ」(1万7,525重量トン、米国籍)がソマリアの約500キロ沖合で海賊の襲撃を受け、ハイジャックされた。同船はその後、乗組員により奪還されたが、乗組員の1人が拉致されており、米軍などが対応を進めている。同社によると、同船は東アフリカ航路に就航しており、襲撃を受けた際はジブチのサラーラからケニアのモンバサに向け世界食糧計画(WFP)の支援貨物を輸送中だった。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP