日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2014年12月08日 お知らせ

ソマリア海賊裁判遅延でデンマークとフランスが容疑者に賠償金支払い

ソマリア海賊裁判遅延でデンマークとフランスが容疑者に賠償金支払い
デンマーク高等法院が、ソマリア海賊裁判の遅延を理由に海賊容疑者への賠償金支払いを命じた。裁判は2013年11月9日に起きたデンマーク籍プロダクトタンカーTorm Kansas乗っ取り事件に関するもので、2013年11月10日にデンマーク当局が容疑者9名を逮捕。デンマーク法では24時間以内に起訴が行われない場合は容疑者を監禁できないとしているが、コペンハーゲン裁判所が再拘留の命令を下したのは11月23日。検察官は、13日間の裁判開始の遅延を法務長官が非難しており、不法監禁を理由に容疑者一人当たりに19,600デンマーククローネ(約39万円)を支払うことをデンマークに命じたと述べた。同じく起訴の遅れを理由に、12月4日、欧州人権裁判所は、フランス籍ヨットLePonantと Carre d’Asを乗っ取ったとされるソマリア海賊容疑者9名に対する賠償金支払いをフランス政府に言い渡した。さらに11月7日には、同じく裁判の遅れにより被告の人権が侵害されたとして、2013年1月のMSC Jasmine襲撃事件に関与したとされるソマリ海賊容疑者12名がモーリシャスで無罪となってる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP