日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年01月10日 お知らせ

ソマリア/米空爆でアルカイダ戦闘員死亡か

ソマリア/米空爆でアルカイダ戦闘員死亡か
ソマリア暫定政府の当局者によれば、米軍による同国南部の空爆で、ケニアとタンザニアの米大使館同時爆破テロ(1998年)に関与したアルカイダ戦闘員が死亡したと語った。 死亡したとされるのはファズル・アブドゥラ・モハメド容疑者。米国側が暫定政府に提出した空爆の報告書に、モハメド容疑者が死亡したとの記述が盛り込まれていた。モハメド容疑者は米大使館同時テロのほか、ケニア国内の海岸リゾートホテルを狙った自動車爆弾事件や、イスラエル機撃墜未遂事件への関与も指摘されている。米軍は10日にもケニア国境に近いソマリア南部ラスカンボニ村近郊で、アルカイダのメンバーを狙い新たな空爆を実施。空爆は3日連続

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP