日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年08月24日 お知らせ

ドイツ国際海洋裁判所/イタリア警備員のインド人漁業者誤殺事件で警備員解放を却下

ドイツ国際海洋裁判所/イタリア警備員のインド人漁業者誤殺事件で警備員解放を却下
2012年にイタリアの石油タンカーEnrica Lexieに乗船していた武装警備員2名がインドのケララ沖でボートに乗っていたインド人漁業者2名を誤殺した事件に関し、ドイツ・ハンブルグの国際海洋法裁判所は、イタリアによる警備員1名の解放要求を却下。同警備員はニューデリーのイタリア大使館に拘束されている。もう1名の警備員は病気の治療のために昨年イタリアへの帰国が許可された。さらに裁判所は、同件に関してはオランダのハーグの仲裁裁判所が裁定を下すべきであり、同裁判所での裁判開始までに問題を悪化させる可能性があるとの理由で、インドに起訴を一時中断するよう命じた。仲裁裁判所での意見聴取の開始日は未定だが、両国は9月24日に同裁判所に第一次報告を提出するよう求められている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP