日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年05月04日 お知らせ

ナイジェリア南西沖で海賊襲撃が連発

ナイジェリア南西沖で海賊襲撃が連発
海上貿易情報共有センター(MTISC-GoG)の情報によると、ナイジェリアのブラッス南西60海里沖で高速ボートが船舶に接近したが、武装警備員が銃撃して海賊の乗船を阻止したため、海賊は退散した。また翌5日にはバイエルサ州南西36海里沖で、タンカーが高速ボートに乗った海賊に追跡・銃撃された。タンカーに海軍が乗船していたことと海賊撃退行動により、襲撃は失敗に終わり、乗組員に怪我はなかった。さらに7日にも同海域付近で、海軍7名が乗船していたタンカーが高速ボート2隻に乗った海賊に追跡・銃撃された。銃撃戦は約20分続き、船室や通路に銃弾が貫通した。乗組員は緊急避難所に避難し、怪我はなく、海賊は退散した。海賊は梯子を持っていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP