日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年12月01日 お知らせ

ハイリスク海域縮小による海賊襲撃リスクを警告

ハイリスク海域縮小による海賊襲撃リスクを警告
インド政府による働きかけとソマリア海賊襲撃減少を受けて、インド洋のハイリスク海域(HRA)が縮小された。これにより、商船がインドとオマーンの湾の直行ルートを航行することが期待される一方、治安専門家は海賊襲撃リスクの増大を警告している。インド政府は、HRAはインド沖約35海里まで迫っていたところもあり、インド排他的経済水域への不当な侵犯だとしていた。また、HRAを避けるため商船がインド沿岸に迂回することで航路の複雑化、輻輳を招き、商船と漁船の衝突の原因となっていると主張。さらに、商船の民間武装警備員がインド人漁業者2名を海賊と間違えて射殺した事件やインド沖に規制を受けていない洋上武器庫が増えていたことも挙げ、インドの治安への悪影響を訴えていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP