日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2007年01月10日 お知らせ

フィリピン南部3カ所で爆発、7人死亡テロの可能性も

フィリピン南部3カ所で爆発、7人死亡テロの可能性も
10日夜、フィリピン南部ミンダナオ島の3カ所で爆発があり、少なくとも7人が死亡、計27人が負傷。いずれも爆発物によるテロの可能性があるとして捜査。治安当局は、セブ州で11日から始まる東アジアサミットなどを前にテロ警戒を強めていた。 1件目は10日午後6時(日本時間午後7時)頃、ミンダナオ島南部のジェネラルサントスの市場近くで発生。子どもを含む6人が死亡、20人以上が負傷。 同日午後8時45分頃には、同島中部キダパワンでも爆発があり、2人が負傷。地元ラジオ報道などによると、現場は交番付近。 3件目は同島中部の中心地コタバト市で、同日深夜に発生。地元警察によるとゴミ箱に仕掛けられていたとみられ、死者1人が出たほか、5人が負傷。東アジアサミットなどが開かれるセブ州とは別の島だが、相次ぐ爆発事件は治安当局への「脅し」との見方もある。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP