日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年04月11日 お知らせ

フィリピン治安部隊、アブ・サヤフと交戦で5人を殺害

フィリピン治安部隊、アブ・サヤフと交戦で5人を殺害
ボホール島北部のイナバンガにおいて、フィリピン軍と警察による治安部隊がアブ・サヤフ(ASG)と思われる10名の武装グループと交戦し、武装勢力5名を殺害した。治安部隊側は4名が死亡する被害が出ている。この武装グループについて軍は、ASGのリーダーと関係を示唆しているが、地元住民によれば、ISと連携する別のグループの可能性もある。軍は兵士、航空機などを投入して大規模なASG追討攻撃を行っており、イナバンガ当局は安全のため住民に避難を指示していた。軍高官は今後数か月のうちにASGを制圧することを約束しており、これまでASGに誘拐された多くの人質が解放されているが、ReCAAPによればいまだ21名の船員が人質となっている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP