日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2018年04月24日 お知らせ

フーシが船舶拘束か? 事実関係確認されず

在米国サウジアラビア大使館は4月23日、イエメンの武装組織フーシがフダイダ沖で19隻の船舶を「人質」に取っているとウェブサイト上で主張しているが、事実確認はされていない。
同大使館によれば、人質となった船舶には合計20万トンの石油副製品が積まれ、フーシがこれらの船舶を意図的に破壊することで紅海が汚染される懸念が高まっているとしている。
しかしながらEU海軍(EUNAVFOR)や海運業界筋は、そのような情報はないと述べているほか、在英国サウジアラビア大使館も、
在米国サウジアラビア大使館からそのような報告は承知していないとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP