日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年09月14日 お知らせ

フーシ派の指導者がサウジアラビアの油タンカーに対する攻撃を示唆

フーシ派の指導者がサウジアラビアの油タンカーに対する攻撃を示唆
イエメンで内戦が継続している中、イスラム教シーア派の反政府武装組織であるフーシ派の指導者がインタビューで、イエメン政府を支援しているサウジ連合軍がホデイダ港を攻撃した場合には、報復としてサウジの油タンカーを攻撃すると述べた。紅海に面するホデイダ港はイエメンの食糧輸入の80%の受け入れ窓口となっていることから、国連が、港湾まで戦争の波及を防止し、人道支援の円滑な運送を確保するため、同港の管理を中立的な機関に委譲することを提案した。イエメンの政府は、フーシ派が同港を通じて武器の不正な輸入・関税による軍事費の収集を行っていると非難している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP