日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年10月17日 お知らせ

ベトナム政府/海賊事件の犯人をマレーシア政府に引き渡し

ベトナム政府/海賊事件の犯人をマレーシア政府に引き渡し
2015年6月11日に、マレーシアのTanjung Sedili沖で22人の船員を乗せ、6,000トンのRON95石油(2,100万マレーシアリンギット相当)を積載した石油タンカーが行方不明となり、マレーシア海軍と海上法執行庁は南シナ海で捜索を行ったが、豪空軍のP3C哨戒機にタイランド湾で発見され、海賊は船を解放したうえ、救難艇を利用してベトナム領海に逃げ込んだが、インドネシア人の海賊8人はその後、Chu島付近で、ベトナム当局により拘束された。マレーシア政府は9月22日にベトナムの裁判所から犯人引き渡し許可を既に得ており、近日中に犯人引き渡しが実行される見込み。引き渡しが実現すれば最初の事例となる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP