日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年12月23日 お知らせ

マレーシア当局発表/アブ・サヤフの船員誘拐のリーダーは銃撃戦で死亡

マレーシア当局発表/アブ・サヤフの船員誘拐のリーダーは銃撃戦で死亡
マレーシア当局が、12月8日のマレーシア警察との銃撃戦で死亡した3人の海賊の中に、アブ・サヤフのメンバーで船員誘拐のリーダーが含まれていたことを明らかにした。海賊は当初船足の遅いタグやトロール船を攻撃の対象としていたが、最近では攻撃の対象を一般商船にも拡大している。専門家は、2016年にアブ・サヤフは身代金として少なくとも700万ドルを得ていると見積もっており、フィリピン軍報道官によれば、アブ・サヤフは現在もヨーロッパ人2人、インドネシア人4人、ベトナム人6人、韓国人1人、フィリピン人5人の計18人を人質としているとみられる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP