日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2016年07月20日 お知らせ

マレーシア沖でアブサヤフによる新たな人質事案

マレーシア沖でアブサヤフによる新たな人質事案
マレーシア北部の沖合においてイスラム武装組織・アブサヤフが、小型タグボートの乗組員5名を拘束した。マレーシアとフィリピン当局は、タグボート・Serudong 3が銃武装した犯人に襲撃された後に、乗組員が拘束されたことを確認した。本件を含めると最近4ヶ月間で少なくも3件の襲撃事案が発生している。この事件でアブサヤフが、500万米ドルの身代金を要求しているとの情報もある。5月にアブサヤフにより10名の船員が解放された事案においては、身代金が支払われていない。る。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP