日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年08月03日 お知らせ

モダンターミナルズ/15日からセキュリティーチャージの課徴開始

モダンターミナルズ/15日からセキュリティーチャージの課徴開始
香港のターミナルオペレーター、モダンターミナルズ(MTL)は2006年8月15日から、トラックまたはバージで輸送される実入り貨物を対象にポートセキュリティーチャージの課徴を開始予定。課徴額はTEU当たり20香港㌦、FEUおよび45フィート型コンテナは30香港㌦。トランシップ貨物のうち、珠江デルタ発着貨物だけは課徴の対象。ISPSコードの対応などで港湾セキュリティー強化の投資が増加しているため、セキュリティーチャージの導入でコストの補填を図る。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP