日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2010年11月14日 お知らせ

ヨット襲撃で人質の夫婦、1年ぶり解放 ソマリア

ヨット襲撃で人質の夫婦、1年ぶり解放 ソマリア
インド洋のセーシェル沖で乗っていたヨットが襲撃され、1年以上にわたり海賊の人質となっていた英国人ポール・チャンドラーさんと妻のレイチェルさんが解放されたと家族らが明らかにした。ソマリア政府の報道官は、夫婦が同日夕、ケニアに到着したと発表。夫婦の家族もこれを確認。ソマリアの長老らが匿名で語ったところによると、解放と引き換えに75万ドル(約6,200万円)前後の身代金が支払われたとされる。ある地元長老はCNNに、英国在住のソマリア人移民が身代金の資金集めを主導したと話した。一方、家族からの声明は、解放交渉の詳細を無責任に語ることはできないとしたうえで、現地および英国内のソマリア人社会の尽力に感謝すると述べている。地元長老や家族によると、夫婦は心身ともに無事。ナイロビで健康診断を受けた後、空路帰国するという。キャメロン英首相は夫婦の解放を受けて「素晴らしい知らせだ」との声明を出し、犯人を改めて非難するとともに「夫婦の無事解放に向けて尽力したすべての人々に感謝する」と述べた。夫婦は2009年10月23日、セーシェル諸島を出発した直後に襲撃を受けた。昨年公開されたビデオ映像で、700万ドル(約5億8,000万円)の身代金が支払われなければ殺害される恐れがあると訴えたが、英政府は人質事件で身代金支払いなどの譲歩には応じないとの姿勢を貫いていた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP