日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年05月24日 お知らせ

リビア戦闘機が石油タンカーを襲撃

リビア戦闘機が石油タンカーを襲撃
リビア暫定政府の戦闘機がリビアの沿岸都市スルト付近に着岸していた石油タンカーを襲撃。3名が負傷し、タンカーは炎上。同政府による石油タンカー襲撃これで3度目。空軍司令官によると、旗国の国旗を掲揚していない同タンカーは戦闘員と武器を降ろしており、戦闘機の事前警告を無視したと語った。一方、トリポリに拠点を置く石油会社NOCの報道官によると、リビアのタンカーAnwar Afriqyaはスルトの発電所に燃料を輸送していたと述べた。同発電所はトリポリに忠誠を尽くしている軍により管理されているが、トリポリの他の地域はイスラム国により占拠されている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP