日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年01月14日 お知らせ

リビア軍が2隻目のタンカーを爆撃

リビア軍が2隻目のタンカーを爆撃
リビア軍がベンガジ港周辺で2隻目のタンカーを爆撃。同軍報道官はイスラム過激派アンサール・アル・シャリーアに石油を輸送しようとしていたと述べた。ベンガジの給油所では過激派に石油が渡るのを阻止するために容器を使用した石油販売を一時的に中止しているため、同過激派グループと武装勢力がこの制約により圧力を感じていると報道されている。爆撃された船と負傷者の詳細については明らかにされていない。インチケープ・シッピングサービスの報告によると、リビアでは武力衝突によりベンガジ港、ズウェイティーナ (Zuietina)港、ラッス・ラノウフ(Ras Lanuf)港、ラッス・ラノウフ‘ホルージュ’(Ras Lanuf ‘Harouge’)港、エスサイダー(Es Sider)港が閉鎖されている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP