日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年12月07日 お知らせ

不在裁判でシリア人らに死刑判決、ヨルダンの米艦船攻撃

不在裁判でシリア人らに死刑判決、ヨルダンの米艦船攻撃
中東ヨルダンの軍事法廷が同国南部の紅海に通じるアカバ港で2005年8月に起きた、停泊中の米軍艦船を狙ったロケット弾攻撃に関与したシリア人3人、イラク人1人に死刑判決。事件は、アカバ郊外の倉庫から発射したもので、艦船上空を飛び、軍病院近くに着弾、ヨルダン軍兵士1人が死亡。別の1発は近くのイスラエル国境を超え着弾したが不発。地元のタクシー運転手1人が負傷。 米軍艦船は演習に参加していたもので、約4,000人の海兵隊隊員が乗船していたが、負傷者はなし。4人のうち、シリア人1人を除く3人は指名手配中。他の5人の関与も判明、最高10年の懲役刑が下された。 検察側は公判で、4人らはアンマンの米国、イスラエル大使館の襲撃を謀議していたとも主張。イラクの反政府武装勢力への資金援助も図っていたとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP