日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2013年07月24日 お知らせ

不適合船排除/日中PSC当局、連携強化へ

不適合船排除/日中PSC当局、連携強化へ
日中海事当局が23、24の両日、検査課長会議を開き、両国が実施するPSC(寄港国検査)の手順を再確認し、基準不適合(サブスタンダード)船の排除に向けた両国間の連携を強化することを確認。アジア太平洋地域を対象としたPSCに関わる政府間合意「東京MOU」の対象域内では、2012年実績で3万929隻に対するPSCが実施されている。このうち中国が行った検査件数は8,321件、日本によるものは5,193件で、それぞれ加盟国中1位と2位の検査件数を占めている。今回の会合では今後、対応が必要となるバラスト水管理条約の検査について、国際海事機関(IMO)による合意事項の情報交換が行われた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP