日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年11月20日 お知らせ

中国とパナマが海事協定を締結

パナマと中国は2017年6月に外交関係を樹立したが、その後初めてパナマ大統領が中国を訪問した際に、11月17日、両国の交通相当大臣は海事協定を締結し、21世紀海上シルクロードを共同で設立するために、海運・海事における協力を強化することに合意した。
両国はともにIMO理事会で最も重要なAグループに属する海事大国であり、海事分野での協力は両国関係の発展のために極めて大切であることを確認した。
この協定を契機に、海運・海事産業・港湾等の交通関係インフラの分野で両国の海事当局・港湾管理者・海事企業が互恵の精神のもとにさらに協力を進めていくことに合意した。
両国籍の船舶は相手国の港湾入時に、最恵国待遇を受け、トン数税制や港湾関係のサービス面でも優遇措置、船員と船舶の証明書等の相互承認が適用される。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP