日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2006年05月30日 お知らせ

中国交通部/輸出入コンテナ貨物にセキュリティー・チャージ導入

中国交通部/輸出入コンテナ貨物にセキュリティー・チャージ導入
中国交通部が発表したところによると、6月1日から中国、各港湾管理者が港湾施設内の輸出入コンテナ貨物の保安対策実施に伴う、セキュリティー・チャージの徴収を開始。この措置は、3年間の暫定措置として適用され、上海港務局の通達によれば、輸出コンテナについては船会社が各埠頭に代わり荷送り人から、輸入コンテナは各埠頭が直接荷受人からそれぞれ、20フィート当たり20元、40フィート当たり30元のコンテナヤード・セキュリティー・チャージを課徴すると発表

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP