日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年03月15日 お知らせ

中国/西沙諸島に新たな都市の建設計画を発表

三沙市の中国共産党組織が、南シナ海パラセル諸島のウッディ島に新たな都市を建設する計画を明らかにした。
この計画について報道では、近傍のツリー島などとともに、国家的なロジスティック基地を建設するものとされている。
共産党の声明では、南シナ海の島嶼やリーフの開発について、各島嶼の異なる役割に基づき、それぞれが相互に補完することを考慮して開発を計画する必要があると述べており、あいまいな表現に留まっている。
ウッディ島は面積1平方マイル程度で、2012年にパラセル諸島の中国が主張する領域を所管する自治体として設置された三沙市の中心であるが、
島の多くは8850フィート級の滑走路で占められており、残りの部分には約1000名の住民が居住している。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP