日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年10月29日 お知らせ

九州運輸局福岡運輸支局/苅田港で対テロ訓練。27機関・企業が参加

九州運輸局福岡運輸支局/苅田港で対テロ訓練。27機関・企業が参加
福岡県苅田港で、九州運輸局福岡運輸支局や苅田海上保安署、行橋警察署など水際危機管理の行政機関と地元企業の計27団体によるテロ対策総合訓練が行われ約150人が参加。この訓練は、官民相互連携を深め危機管理体制の充実を図ることを目的に毎年行われている。今回は入港した外国船の船員になりすましたテロリストが、国内で爆発物使用のテロを計画しているとの情報を港湾危機管理担当官(行橋警察署長)が入手したとの想定で実施。本番さながらの緊張感の中で 1.苅田港危機管理コアメンバーの現地調整本部の設置・各機関の対応説明 2.海上の警戒配置 3.負傷者の救護 4.爆発物の処理 5.テロリストの制圧 6.消火の訓練-が行われた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP