日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年09月06日 お知らせ

九州運輸局/外国人PSC検査官に日本の検査技術を伝授。船上実地訓練を実施

九州運輸局/外国人PSC検査官に日本の検査技術を伝授。船上実地訓練を実施
国土交通省九州運輸局が8月28日から9月6日までの日程で、インドネシア、ブラジルのポートステートコントロール(PSC、寄港国検査)の研修生2人に対して船上実地訓練を行った。日本での検査技術を伝授し、母国のPSC検査に役立ててもらうのが狙い。研修生2人は、8日に横浜市内で行われる報告会に参加し、訓練の成果などを発表。両研修生は、経験豊富な九州運輸局のPSC官に同行して、船上での検査手順や発見された欠陥の処理方法などについて理解を深めた。船上実地訓練後は質疑応答を行い、欠陥の判断基準や各国の検査手順の違いなどについて徹底的に議論を行い、これらの調和に努めた。両研修生は、日本などアジア太平洋地域のPSC当局で構成する東京MOUが8月14日から9月8日までの4週間、PSC担当官のために行っている「第7回アジア・太平洋地域PSC一般研修」を受けるために来日した18ヶ国・18人のPSC官。研修前半の2週間は横浜市で講義などを実施、後半の2週間は九州運輸局などで実地訓練を行った。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP