日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2010年12月27日 お知らせ

事故原因調査委員会発表/タンカー破損 “近くで爆発”

事故原因調査委員会発表/タンカー破損 “近くで爆発”
2010年7月中東のホルムズ海峡で日本の原油タンカーが衝撃を受けて破損した問題で、各省庁などで作る事故原因調査委員会は、「タンカーから少し離れた海上で何らかの爆発物が爆発した可能性が高い」という調査結果をまとめ、27日に開かれた委員会で報告した。この事故は、中東のホルムズ海峡で商船三井の原油タンカーが何らかの衝撃を受け、船体の後ろが大きく壊れて乗組員1人がけがをしたもの。国土交通省は、日本の8割以上の原油タンカーが通過する海峡で起きたことを重く見て、学識経験者や各省庁で作る事故原因調査委員会を設けて調査を進めていた。その結果、船体の付着物の鑑定からは爆発物の成分は確認できなかったが、損傷状況を分析した結果、船や魚雷や機雷の衝突、軍による射撃、自然災害などは考えにくいと判断。そのうえで、船体についた放射状の黒いすすや、へこみの大きさ、形から、タンカーから少し離れた海上で何かが爆発した可能性が高いと結論づけた。また、船体に加わった力を計算した結果、爆発物は、国際テロでも使われる「TNT」と呼ばれる爆薬だとすると相当な量が使われた可能性が高いという。事故原因調査委員会は、こうした調査結果に加え、不審な小型の船がタンカーから遠ざかった直後に衝撃を受けたというレーダーの解析も踏まえて、テロの可能性も考えられるとしている。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP