日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2019年05月17日 お知らせ

名古屋税関・名古屋税関保税会/緊密な協力体制を強化。テロ関連物資・金地金の密輸防止で連携

名古屋税関と名古屋税関保税会は17日、名古屋市内で密輸防止に関する覚書の締結式を行った。従来の覚書の内容を一部修正し、再締結。国内で国際的なイベントが相次ぎ開催されるのを前に、テロ関連物資や金地金の密輸対策での連携を強化する。
名古屋税関保税会は、保税業務の円滑な運営と健全な発展を図ることを目的に設立された団体で、外国貨物を扱う管内の倉庫業者、保税工場のある荷主など428社が加盟する(2019年5月時点)。
同会と名古屋税関は1993年、不正薬物の密輸防止への協力強化を目的に覚書を締結。今年6月に大阪市で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)やラグビーワールドカップ、即位礼正殿の儀、東京オリンピック・パラリンピックなどを控え、テロ関連物資の密輸防止強化、社会問題化する金地金の密輸に対応するため、内容を見直し再締結した。覚書には不正薬物、銃器、テロ関連物資、金地金の密輸防止に関する協力関係の強化、課題の相互理解と情報交換の促進などが盛り込まれる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP