日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2009年07月21日 お知らせ

商船三井、海保/海賊対処で訓練

商船三井、海保/海賊対処で訓練
商船三井が、同社運航のLNG船を参加させ、海上保安庁などと沖大東島(沖縄県)南東沖で海賊対処のための連携訓練を行った。訓練は同船が海賊に追跡・接近を受けているとの想定で、緊急時の通信訓練を主体に実施。海上保安庁側では巡視船「みずほ」を現場に急行させつつ、LNG船の船舶保安統括者に通報を伝達。連絡を受けた船舶保安統括者が商船三井の「安全運航支援センター」へ報告し、緊急時の情報交換体制を確認した。海賊船が襲撃をあきらめた後も、海賊が船内に侵入した可能性を想定し、「みずほ」搭載ヘリコプターが船内を調査して安全確認するところまで訓練が行われた。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP