日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2008年12月05日 お知らせ

国交省海事局発表/IMO/MSC85、SOLAS条約「解釈」など採択。GBS改正案承認は見送り

国交省海事局発表/IMO/MSC85、SOLAS条約「解釈」など採択。GBS改正案承認は見送り
国交省海事局が、11月26日-12月5日に開催された国際海事機関(IMO)の第85回海上安全委員会(MSC85)の審議結果について発表。SOLAS条約については、復原性基準の強制化、「ばら積み貨物船」の定義の非強制の解釈などが採択されたが、今回採択を予定していた新たな構造基準(GBS=ゴールベーススタンダード)を強制化する改正案については最終化にとどまり、承認は見送られた。船舶長距離識別追跡システム(LRIT)については、各国ののデータセンター整備の遅れについての報告を受け、設置促進を目指す回章を作成。2009年1月1日から半年間の暫定期間を設けることで各国での普及を待つこととした。データ利用の経費負担は船主が負担しないことは合意されたものの、それ以降の議論は進まなかった。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP