日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2008年06月04日 お知らせ

国交省港湾局/北東アジア港湾会議開催、日韓中3ヶ国が保安対策を説明

国交省港湾局/北東アジア港湾会議開催、日韓中3ヶ国が保安対策を説明
国土交通省港湾局が、長崎市で第9回北東アジア港湾局長会議の課長級会合を開催。会議では、九州地方整備局の佐藤孝夫副局長が「九州の港湾と環境について」と題して基調講演。また、3ヶ国の組織改編や港湾保安の最近の取り組みについて情報交換した。局長会議は今年秋に中国で開催予定で、中国側がシンポジウムのテーマなどについて提案。このほか、3ヶ国で実施中のワーキンググループの進捗状況についても報告された。 会合では、各国組織の情報交換として「各国の組織改編」と「港湾における保安対策の取り組み」をそれぞれが紹介。韓国からは、このほど政府組織再編で誕生した「国土海洋部」の概要について説明があった。また、中国側は中国政府機関の再編と、中国での港湾物流開発の動向および最新傾向を説明した。 また、局長会議は今年11月に北京で、港湾シンポジウムは大連でそれぞれ開催することで3ヶ国が合意。港湾局長会議の議題として「港湾、経済そして環境の調和のとれた開発の促進」を取り上げる。また、大連で開催する港湾シンポジウムでは「港湾物流と地域経済の調和のとれた開発の促進」「港湾における省エネルギーと温室効果ガス削減の強化、持続的発展の促進」の2テーマを取り上げる。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP