日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2017年01月17日 お知らせ

国交省発表/アデン湾商船護衛/16年末まで3,754隻

国交省発表/アデン湾商船護衛/16年末まで3,754隻
国土交通省が、海賊対処法に基づくソマリア沖アデン湾での海上自衛隊艦船による護衛活動(2009年7月28日開始)について、16年12月末までの実績を発表。計728回の護衛で対象船は3,754隻、1回平均は5.2隻。内訳は日本関係船舶が687隻、外国の事業者が運航する船舶が3,067隻。日本関係船舶のうち日本籍船は17隻、FOC(便宜置籍)船などは670隻。また防衛省統合幕僚監部によると、護衛と並行して行う受け持ち海域警戒の「ゾーンディフェンス」の任務では12月中に22日間行動し、約20隻の商船の動静を確認。一方、P-3C哨戒機によるアデン湾などでの警戒監視飛行は12月中に20回実施し、商船約1,500隻の動静を確認。各国艦艇や商船への情報提供は約60回

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP