日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2012年03月06日 お知らせ

国交省発表/日韓豪共同PSC、18ヶ国で1,072件不備

国交省発表/日韓豪共同PSC、18ヶ国で1,072件不備
国土交通省海事局が、日本、韓国、オーストラリアなどアジア太平洋地域18ヶ国で2011年9から11月までの3ヶ月間共同で実施した7,534隻へのPSC(ポート・ステート・コントロール)集中検査の分析結果を発表。入港する外国船の構造安全に焦点を当てた集中検査で発見された欠陥は全体の36.6%の1,072件。今回の検査によって、貨物船の転覆・沈没の原因となる貨物倉ハッチカバーの構造欠陥など開口部保護の不備を是正した。集中検査該当船7,534隻の主な旗国別内訳は、パナマ1,900隻(32.2%)、香港468隻(7.9%)、リベリア366隻(6.2%)、シンガポール347隻(5.9%)

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP