日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス)

2015年10月08日 お知らせ

国交省発表/日ASEAN港湾保安専門家会合、新行動計画策定へ

国交省発表/日ASEAN港湾保安専門家会合、新行動計画策定へ
国土交通省が、先月末にマレーシア・プトラジャヤで開いた日ASEAN(東南アジア諸国連合)港湾保安専門家会合の結果を公表。専門家会合は9月30日に行われた。2016年が目標となっている日ASEAN港湾保安向上行動計画期間終了後も「同会議を継続すべきで、新たな行動計画の策定が必要」との意見が出されたことから、引き続き討議を行い、行動計画をまとめることなどで合意。また同会合前の29日には、クラン港ウエストポートで机上模擬監査も行った。専門家会合は、日ASEAN港湾保安向上行動計画に基づき、ASEANの港湾保安対策の向上を目的に国交省が実施している。今回は、日本を含め10ヶ国の専門家らが参加した。

お電話でのお問い合わせ

03-3593-1117

受付時間:月~金/9:00~17:30(土日祝:休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

日本初の改正SOLAS条約による海上テロ対応 海事保安コンサルタント | 株式会社IMOS(アイモス) Copyright © 2017 International Maritime Onboard Safety & Security Co.Ltd. All Rights Reserved.

TOP